腕時計に込められた思い

腕時計、それはもはや現代において合理的観点からすれば不要とも言えるものです。現代は身の回りに時計機能のついた電子機器にあふれ、町の至る所に時計が設置されています。外出時に腕時計を忘れたとしても、時間を確認することは容易であります。私たちは本当は腕時計などなくてもやっていけるのです。

では、なぜ腕時計をするのでしょうか。それには大きく分けて二つの理由が考えられます。

一つは、腕時計がビジネスの世界では必須とされていることです。なぜ必須なのでしょうか。それは、腕時計の着用をマナーとする世界でそのルールをしっかり守ることで相手に対して礼を尽くし、誠意を見せるためでありましょう。つまり、腕時計がなくても実用的な面での不便はありませんが、相手に良い印象を与えられるのです。

また、ファッションアイテムとしての腕時計にも着目する必要があります。この面でも、腕時計がないと困ると言うわけではありませんが、必要ないからこそ着用することで””自分はおしゃれに気を遣っているんだ””””自分はこう言うファッションが好きなんだ””と言うことを有効に示すことが出来ます。この裏には””相手にかっこいい人だと思われたい””””モテたい””などの意図があると考えられます。

このように、腕時計をつけた腕には色々な思いが込められているのだと思います。

腕時計はやはり今でも社会人の証明!

タイトルを古いと感じた方もいらっしゃるとは思いますが、今も腕時計は社会人としての基本装備といっていいでしょう。

ここで問題なのは時代ではなく、対面にいる相手なのです。

例えば商談や仕事上の会話をする人が40代~60代の人の場合、やはり腕時計をしているかどうかは見られます。

最近は面と向かって持っておいた方がいいよと言われる事は少ないかもしれませんが、言われないだけで腕時計をしているかどうかは見られているのです。

勿論していなかったからといって、劇的に評価が下がる訳ではありません。

しかし年配の方とお話をする際に、やはりあった方が印象がいいのも事実なのです。

もうこれは社会的な問題であり、便利かどうかの問題ではありません。

逆にいえば自分が若ければ若い程、腕時計をしていれば注目されるという意味でもあります。

若いけど、社会人ルールは分かっているんだなと相手に思われます。

当然確実ではありませんが、効果があるかもしれません。

ただ時計の値段には気を使いましょう。

あまりに安っぽいのも、逆に高価であったり派手でもいけません。

いまいちピンとこない方は、素直に時計屋さんで聞いてみましょう。

仕事時の服装と職業を伝えれば、それに合った最高の時計を選んでくれます。

服屋の店員イメージが強い人も多いかもしれませんが、本来店員さんはそういう相談をする時の為にいる人なのです。

寄ってくるのは決して買わせようとする為だけではありません。

イメージアップの投資として、腕時計の購入を考えては如何でしょうか。

時間を確認するだけならスマホで十分ですが、腕時計の効果は時間確認だけではありません。

意外に総合的な身だしなみというのは、相手に見られているのです。

我が愛しの腕時計ユリスナルダン

高級腕時計のユリスナルダンというブランドを知っている人はかなりの時計マニアだと思います。

私は自分では腕時計のマニアだとは思ってはいなのですが、ユリスナルダンというスイス高級時計メーカも知っていますし、その腕時計も保有しています。

私の保有している腕時計はユリスナルダンの中でも高級機種です。なんとその腕時計は腕時計の針をプッシュボタンを押して逆回しできるという機能もついているのです。

この機能は、時差のある外国に行くときに重宝される機能なのですが、私はあいにく会社の出張が年に数回しかないのでそれほど活かせてはいません。

それでもこの腕時計のメーカーはマイナーなので私が高級腕時計をつけていると会社で知っている人はたぶんいないと思っています。

なぜならば、私のつけているその腕時計の金属はホワイトゴールドだからです。イエローゴールドやピンクゴールドの腕時計ならば見た目から高そうな腕時計に見えてしまうかもしれませんが、ホワイトゴールともステンレススチールの腕時計も見た目は同じ銀色なので全くその違いは分からないからです。

ただ、その腕時計をしている本人はステンレススチールよりも重いホワイトゴールの腕時計をつけいているというその重みを味わっています。

腕時計は日頃のお手入れが大切

大人の身だしなみとして腕時計は欠かせないアイテムではありますが、特に男性の場合だとどれだけ良い腕時計をすることができるかで、社会人として成功しているかが分かるのではないでしょうか。またそのためにも必死になって欲しくて購入されることになりますが、そうした自分をある意味表すことができる腕時計は日頃どう使用されていますか?ただ一日を共に過ごしそのままにしてはいないでしょうか。いつまでも大切にするのであれば、やはりお手入れというのはとても大事なことになってきます。バンドというのはすぐに劣化してしまいますし、それが原因でお肌トラブル引き起こしてしまうことも考えられます。だからこそ日頃から汗や汚れを拭き取り、また金属バンドなどはなるべく石鹸などを使用して丁寧に洗っておきましょう。ちなみに腕時計だけお手入れしていれば問題は無いと思われるかもしれませんが、ケースのお手入れもしっかりと行わなければいけません。そのためにも腕時計と同じようにケースについてしまった汗なども布などで綺麗に拭き取るようにしておきましょう。こうしたお手入れは大切な腕時計をサビさせないことにもなりますから、まわいいやとならず定期的にメンテナンスをしてあげましょう。

初めてする腕時計の電池交換は、大変でした。

愛用していた腕時計が急に動かなくなってしまいました。もう2年位使い続けていたため、電池がなくなって止まったのだと思います。近所の時計屋さんを調べてみると、電池交換を1500円程度で行ってもらえることが分かりました。

そこですぐに腕時計を持ってその時計屋さんに行き、電池交換をしてもらうことにしました。1500円で時計がまた使えるようになるなら安いものです。

しかし実際に電池交換をお願いすると、「この時計は当店では電池交換を承ることが出来ません」と言われ、断られてしまいました。理由を聞くと、まず私の時計は防水機能がついていることだと言われました。無理やりその店で電池を交換すると、防水機能はなくなってしまうということです。

また、ブランド的にもその店で取り扱っていないと言われました。割と高いブランドの時計だったためか、電池交換は別の時計屋さんにお願いするように言われました。

とても残念ですが、すぐ近くのショッピングセンターでも時計の電池交換を行っていると教えてもらったため、そこへ行きました。しかしまたその店でも電池交換は断られてしまいました。とりあえず安物の時計を買い、数日を過ごすことにします。そして休みの日に大きな時計屋さんに行って、腕時計の電池交換をしてもらいたいと思います。

私の日頃身につける腕時計に関するこだわりについて。

先日、腕時計をなくしてしまいました。

(多分、家の中にあると思われるのですが。)

数日経っても見つからず、仕事に行くのに腕時計がないと困るので、

思い切って新しい腕時計を購入することにしました。

以前はゴールドの腕時計を使っていたので、

今回はシルバーを購入しました。

私が購入のさいに、こういう機能はついておいて欲しいと思ったので

そのポイントを押さえてる腕時計を購入しました。

まず、一つは日にちの表示がある時計です。

やっぱりパッとみて日付表示があるのはスグに日付が分かって便利です。

あとは太陽電池であることです。

太陽電池のものは値段が高いけれども、

電池交換の手間とか金額を考えると安いような気がします。

あとはベルトが革ではないことです。

金属なのは静電気などがおこる可能性があるのですが、

革より高級感があるような気がしたので。

あとデジタルではなく秒針つきのアナログ式表示であることです。

アナログの方が時間の計算がしやすいからです。

新しく購入して、

私が日々身につけている腕時計は金属で太陽電池でアナログ表示で日付が表示がある腕時計です。

それに加え、曜日の表示がされている腕時計です。

大切に使っていきたいし、

行方不明になっている腕時計を早く発見したいです。

マイケルコース腕時計なら『マイケルコースエリア』にお任せ下さい!

女性に腕時計をプレゼントするなら

誕生日や記念日、イベントにはプレゼントはつきものですよね。好みが似ていたり、相手の欲しいものがわかっているとプレゼントは見つけやすいのです。でも案外プレゼント選びはむずかしいものです。「恋人 プレゼント」と調べたことがある人は多いと思います。そこに出てくる定番は、やはり腕時計ではないでしょうか。それでも腕時計にもたくさんブランドがあるし、デザインも機能もいろいろです。どれか悩みますよね。定番で喜ばれるもののポイントをあえて説明します。

その1、普段づかいの小物をチェック

仕事や普段使い、腕時計はオシャレとしても身につけている女性は多いですよね。普段から、どんなものを付けているのか細かくチェックしておいてください。服装と時計のデザインや好きな色。そういう好みのポイントをおさえておくと、自分でわからなくても女性の店員さんがアドバイスをくれたりします。持っていないデザインをもらえると、普段から身につけているものを見てくれているんだなって、案外嬉しくなるものです。

その2 シンプルなデザイン

本当に相手の好みが分からない時、シンプルな時計をオススメします。男性にもあると思いますが、プレゼントで好みでないものをもらったときの「つけなければいけない」はすごく嫌なんです。服に合わない、自分に似合わない。結構気分が下がるんです。それなら、冒険をせずにシンプルなものをプレゼントに選ぶ方がいいかとおもいます。

プールで防水タイプの腕時計が動かなくなった

ダイバーが愛用しがちな腕時計を好んでいて、公私ともに私の腕で時を刻んでくれています。今は不具合なく動いているのですが、一度だけ壊してしまったことがあります。当時の私には何故動かなくなったのかわからなかった一方、今ならどれだけ愚かなことをしたのかよく理解できます。

メタボ気味な体型を何とかするために、プール通いを始めた時期のことです。防水仕様の腕時計を愛用している私は、いつも身に着けている相棒と一緒にダイエットできることに喜びを感じていました。25mプールを歩いて10往復したあとには、サウナに入ることになります。そこで事件が起こったのです。

防水仕様の一品は、高温になる場所に装着したまま入るのがご法度だったのです。それを知らなかった私は、15分間も暑さに耐えたあとで満足感に浸っていました。再びプールに入ってから数分後、時間を確認するために左手首周辺に視線を移したときのことです。いつもなら一定のリズムで動いている秒針が止まっており、その場で取り乱してしまいました。時計店で状態を確認してもらうと、サウナの熱で防水加工が施されている部分が膨らんでプールの水が入り込んだと説明を受けました。結局は修理できたのですが、部品の大部分が新しくなり痛い出費になりました。

一生ものの腕時計に出会う

みなさん腕時計についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?腕時計は社会人なら大体の方が一本はお持ちではないかと思います。せっかく買うなら一生物の腕時計を、自分へのご褒美に。
そんなあなたに知っておいてほしい3つのコトをまとめてみました。
1.クォーツ式と機械式どちらにするべきかクォーツ式とは、電池で動くタイプのもので比較的安価なものから高価なものまで幅広くあります。何と言っても、手につけていなくても時間が狂わないことが腕時計初心者でも使いやすい点です。機械式といえば昔は高価な時計の代表でした。現在でもあまり安価な物には使われていないかと思いますが、手巻きや自動巻きなど種類もあり腕時計マニアの方は機械式を持たれてる方が多いです。オーバーホールをして、長い間愛していく時計です。

2.腕時計のブランド腕時計といえば、時計の専門ブランドからファッションブランドまで幅広く展開されていますね。ロレックスやオメガ、グランドセイコーなど時計専門の名店からエルメス、カルティエなどファッションでも一流と言われるブランドまでありますが好みはどうでしょうか?時計専門店は比較的ファッションブランドよりも流行り廃りがなく、2.30万円〜の高価なものが多いかと思います。10年20年後も変えのパーツが有るのが特徴です。とはいえ、カルティエやエルメスも時計の歴史は深くタンクやクリッパーなど人気デザインも豊富ですね。かく言う筆者もエルメスのアルソー愛用者です。

3.レザーバンドとメタルバンド【レザータイプ】メリット・サイズ合わせが必要ない。・ビジネスにも幅広く使えるデメリット・革に値段が出やすい・水濡れに弱い【メタルバンドタイプ】メリット・高級感がある・ワンタッチ着脱可能タイプもあるデメリット・派手なコンビやゴールドはビジネスでは×・汗に弱いものも多いこんな所でしょうか。
腕時計マニアの方は、自分の誕生年の物を探したり世界に一つのオリジナル時計を作成したりと幅広くいらっしゃいますがステイタスアップや話題作りに是非一生物の腕時計を見つけてください。

ずっとつけてたG−SHOCKの事

僕は高校の頃に寮に入っていました。

寮生活です。

その頃につけていた腕時計はG-SHOCKでした。

面倒なので夜寝る時も学校に行く時もお風呂に入る時もその腕時計をはめっぱなしでした。今でも石鹸の香りのするそのG-SHOCKを思い出します。

いつでも決まった物を身につけているとそれはある意味自分の一部になってきます。

その時計のことを思うと高校の頃のうまくいかなかった色んな事や、懐かしい友達の記憶がよみがえります。もう20年経ったのできっと彼らも年を取り家族ができたり、見知らぬ街に住んだりして生きているのでしょう。

そう考えると記憶の中で変わらないあの腕時計と、時が経って変わったであろう友達の事を考え、その対比に時間がたくさん流れた事を思わずにいられません。

と同時に、冷静になぜあの時、腕時計をずっと肌身離さず着けていたのか?と考えてみました。

親元を離れてどこか寂しくて、でも大人になりたくて。

その絡まった感情が「腕時計をつけるという少し大人の行為」と「肌身離さない」という行動にミックスされたのだと今、思い当たりました。

僕も子供を持つ親になってみて思うのは彼らもいつか大人になって一人、自分の道を歩いていきます。その時にきっと親から「離れたい、離れたくない」という相反する感情を持つのでしょう。その際にそっと「どこまでも行けよ。そしていつでも帰ってこいよ。」というメッセージを伝える事ができたら最高だなと思います。それが腕時計というアイテムに凝縮されるのか?どうなのか。

まだまだ先の事でわからないというのが正直なところです。しかし、きっと子供達にもそういったアイテムがいつの日か見つかるのでしょう。遠くない将来。