初ボーナスで腕時計を購入して、今思うこと

私は、社会人になり初めてのボーナスで何を購入しようか迷った時「腕時計」を購入しました。

自分の好きなファッションブランドのものを購入したのですが、もう社会人6年目になりますが、今でもその腕時計を使っています。

ベルト部分は本革のもので、6年目にして既に使い込んだ感じが出てアンティーク感が増しています。しかし、本当に「腕時計」を選択して良かったなといつも思います。

仕事で「初心を忘れない」ということは重要なことであり、難しいことでもあると思います。

しかし、この腕時計を見ると、新人へ何かを教える時「自分にもこんな時代があったな~」と思い出せたり、仕事が辛くて辞めてしまいたいと思った時も「この腕時計を買った時は、将来へのビジョンが明確でがむしゃらに頑張っていたな~」と思い返せます。

今は、お金の使い方が「物から事へ」と変わりつつありますが「当時の自分を物に残す」ということもとても重要なことだと私は考えます。

初ボーナスは、社会人になるまで育ててくれた親へのお礼、そして自分へのご褒美として「今の自分を忘れないもの」を購入するのをオススメします。

特に、腕時計は毎日一緒に時を刻めるもの。辛い時も楽しい時も一緒に時を刻んできた私の腕時計は、私の最強最愛のパートナーです。