父が腕時計をするようになった日

職業柄アクセサリーはもちろん、腕時計をすることがない父が、唯一腕時計をしていたのが冠婚葬祭でした。

高価なものではないのですが、冠婚葬祭ではなかなか周りに時計がなく、時間を確認するために腕時計は必要だろうと母が買ってきたものだそうです。

家族も親戚も多い方ではないので、腕時計はほとんどされることなく、いつもぴかぴかです。

そんな腕時計ですが、使おうとして出したところ、電池が切れていたそうです。

たまにしか使わないうえ、たった1日・・・腕時計などなくても良いかなと思ったらしいのですが、1日悩んだ挙句電池を入れにいっていました。

そんな様子を何ともなく見ていたのですが、電池交換の帰り、きちんと時計を腕にはめて返ってきた父をみて、ちょっと驚きました。

いつもはスーツに腕時計をしている姿しか見たことがなかったので、私服に腕時計は初めての姿。

半袖シャツに腕時計がなんだかスマートでカッコよく見えてしまいました。

「腕時計するの良いね」と口をついて出た言葉に父は気を良くし、「どうせ職場ついたらはずすんだから」と言っておきっぱなしだった腕時計を、こまめにつけて出かけるようになりました。

娘に褒められたからって、と、母は笑っていましたが、自分が結婚してからも腕時計をこまめにつけています。

それを見るたびに、自分が言った一言を思い出してほっこりとした気分になります。ヴィヴィアンウエストウッド(Vivienne Westwood)腕時計専門店 | ヴィヴィアンエリア