腕時計に込められた思い

腕時計、それはもはや現代において合理的観点からすれば不要とも言えるものです。現代は身の回りに時計機能のついた電子機器にあふれ、町の至る所に時計が設置されています。外出時に腕時計を忘れたとしても、時間を確認することは容易であります。私たちは本当は腕時計などなくてもやっていけるのです。

では、なぜ腕時計をするのでしょうか。それには大きく分けて二つの理由が考えられます。

一つは、腕時計がビジネスの世界では必須とされていることです。なぜ必須なのでしょうか。それは、腕時計の着用をマナーとする世界でそのルールをしっかり守ることで相手に対して礼を尽くし、誠意を見せるためでありましょう。つまり、腕時計がなくても実用的な面での不便はありませんが、相手に良い印象を与えられるのです。

また、ファッションアイテムとしての腕時計にも着目する必要があります。この面でも、腕時計がないと困ると言うわけではありませんが、必要ないからこそ着用することで””自分はおしゃれに気を遣っているんだ””””自分はこう言うファッションが好きなんだ””と言うことを有効に示すことが出来ます。この裏には””相手にかっこいい人だと思われたい””””モテたい””などの意図があると考えられます。

このように、腕時計をつけた腕には色々な思いが込められているのだと思います。